ホテルルワンダ in 渋谷

昨日「ホテルルワンダ」を観てきました。
向かった映画館は渋谷のシアターN渋谷
かなり小規模な映画館で座席は102席!
4時台の回を観ようと思って3時過ぎに行ってチケットを買おうとしたところ、
「この回ですと立ち見になってしまいますが・・・」といわれてしまいました。
仕方なく次の6時台のチケットを購入。
チケットの裏に書かれている整理番号を見ると「087」!
結構ギリギリでした。

とりあえず映画が始まる時間まで中国茶専門店でお茶することに。
どこに行っても混んでいる渋谷にしては珍しく並ばずにお店に入ることができ、
客層も落ち着いている人々でゆっくりできるお店なので気に入っています。
中国茶を飲みながら友人と近況報告やら、ホテルルワンダほどの話題作がなぜ
あんな狭い映画館で上映しているのだろうか・・・などと話していたら
あっという間に5時半を過ぎていました。

映画館に戻り整理番号順に中へ入るとほぼ満席状態。
「087」番じゃ仕方がないですよね・・・
やっと最後の列の一番端に空席を見つけて座ることができました。
完全に満席になった後、立ち見の人が入場。
本当に劇場が満員になって妙に人口密度が高い!
大型映画館に慣れてしまった私には余計に息苦しく感じる・・・
そもそもミニシアターで立ち見ってありなんですかね?
ただでさえ狭いのに通路にまで人がいるのってどうなんですかね??
この映画館に関しては大型映画館と同じ料金というのが納得いかない!

映画はルワンダ内戦についてで実際にあったお話。
平和ボケしている日本人(←私だけか?)にはなんとも衝撃的でした。
世界ではいろいろなことが起きているということを改めて感じさせられます。
主演のドン・チードルは毎回面白い映画に出演していて
期待を裏切らない役者だなと関心しました。
あとこの映画にはホアキン・フェニックスが出ているのですが、
ヒゲだらけの顔なので本人と確認するのに時間がかかります。
ちなみにニック・ノルティの頑張りも久々に観ることができますよ。
映画としては久しぶりに1800円払っても損した気分にはなりませんでした。
今週から公開されている「ミュンヘン」も実際の話とのことですが、
「ミュンヘン」を観た私の友人曰く「ミュンヘンよりもホテルルワンダを
観たほうが絶対いい!」とのこと。そういえば井筒監督の評価
ミュンヘンよりもホテルルワンダのほうが良かったなぁ・・・

帰りにご飯を食べながら先日ブログに書いた「メイド喫茶」と「乙女カフェ」の
話を友人にしたら、「私はトップガンカフェができたら是非とも行きたいよ!」
とのこと。「メニューに”お姫様抱っこ”とかあればいいね~!」と私。
「それは愛と青春の旅立ちじゃん!(笑)」と友人に突っ込まれました。
店員がアメリカ空軍の制服を着ておもてなししてくれるお店・・・
アンダーグランドな世界にはありそうだけど、もっと一般OLが気負わずに
行けるようなところができればいいのに・・・
独身三十路女達の妄想は果てしなく続くのでした。
[PR]
by mitamitak | 2006-02-12 23:18 | TV・映画・音楽


<< ついに我が家も・・・ 女性向けのメイド喫茶その名も「... >>