ゴーストワールド

ずっと見たいと思っていたこの映画、ラッキーなことにケーブルで放送していました。シュールだったぁ。私が大好きなスティーブ・ブシェミとゾーラ・バーチがいつもの如くいい味出してました。ひとクセもふたクセもある人を演じるのが本当に上手いんですよね、この2人。ゾーラ・バーチが髪の毛を緑に染めてパンクファッションに身を包んだところ、「いまどきパンクなんてダサいんだよ!」と言われて、すかさず「これは今どきのパンクじゃなくて、70年代のオリジナルパンクなのよ!それがわかんないなんて、本当馬鹿ばっか!!」と言い放ったシーンは心を鷲摑みにされました。10代でここまで自分のファッションにテーマ(ポリシー?)を持てるなんて素晴らしい!と思ったら、次のシーンで髪の毛を元の色に染め直してた・・・10代ってそんなものですよね、やっぱり(笑)。ちなみにこの映画、ジョン・マルコビッチがプロデューサーでした。
[PR]
by mitamitak | 2005-08-04 21:21 | TV・映画・音楽


<< 世界選手権 TrueじゃなくてTruだった! >>