2005年 08月 21日 ( 1 )

熱いスポ魂映画!「コーチカーター」

コーチ・カーター昨日観て来ました!!文部省認定映画ということもあってか客層は老若男女さまざまでした。MTV製作なのでもうちょっと軽いノリなのかなと思っていたら、大間違い!熱いスポ魂映画でした。アシャンティはいい作品をデビュー作に選びましたね。プレーシーンもリアルでよかったです。流れる曲はもちろんHIPHOPのヒット曲オンパレード!バスケ部員はもちろんみんな可愛かったけれど、なんといってもチアリーダーが可愛かった・・・他の高校はスタンダードなスコート姿なのですが、リッチモンド高校はスパンコールのライン入りのホルターネック&ホットパンツなのです!みんなスタイルがいいのでカッコイイ!こんな高校生チアリーター実際にいるのでしょうか??サミュエル・L・ジャクソンはいつも通りいい仕事してました。実際にあった出来事の映画化とあってストーリーの過剰演出はほとんどないので純粋に「生徒思いのコーチ」の姿に心打たれました。「バスケ部員はプレーヤーである前に生徒である!生徒には教育が必要だ!」とコーチは正論を言っているにもかかわらず、生徒の親や先生が耳を傾けずに反論しまくる姿は”リアル・アメリカ"です。私の偏見かもしれませんが、アメリカ人のイメージは下記の3点なのです。
①後先を考えないで行動する
②今現在の自分の事しか考えていない
③人の話をあまり聞いていない
という典型的なB型の性格なのです。(アメリカ国民はB型が一番多いと聞いたことがあるような・・・)
映画に話を戻しますね。コーチはその高校のOBで全米代表にも選ばれたプレーヤーでスポーツ店2件経営してベンツに乗っている成功者なのだからこの人の言うとおりにやっていれば間違いないと思う部員の親はいなかったのだろうか・・・教育を受けていないって判断をも鈍らせてしまうようです。高等教育(?)を受けることができた環境に感謝せねば。
そういえば、コーチの息子役の子(ロバート・リチャード)がキューバ・グッティング・jrにそっくりだった。もろもろ気になる方は映画を観てくださいね。ちなみに東京での公開は9月中旬迄です。
[PR]
by mitamitak | 2005-08-21 20:17 | TV・映画・音楽